· 

マスクの状況を振り返る

娘よ、中学生の頃、中間試験や期末試験の後、毎回親のコメントを求められたが、文面は多少違うが、毎回同じことをコメントをしていたのを覚えているだろうか?それは、結果の良し悪しに一喜一憂するのではなく、試験で、できなかったこと、間違ったこと、わからなかったこと、ミスしたこと等をそのままにせず「よく振り返る」こと。「なぜなぜ」をしその真因を深堀りしていくことが何よりも重要である。ということを毎回コメントした。

今回、ポストコロナにおける「マスクの状況」について、簡単に振り返ってみた。あまり小難しく考えず、シンプルに整理することが重要である。

これをしておくと、次の様に活かせる。例えば、以前サバクトビバッタの話を書いたが、万が一、万が一、世界の食料危機が日本に影響を及ぼすと想定する。穀物に影響がでるようなので、国内で自給率の低い小麦(国内自給率12%、アメリカ、カナダから輸入の約81%賄う)や大豆(国内自給率8%、アメリカから輸入の約73%を賄う)を「マスク」と置き換えてみる。そのままとはいかないが、イメージは沸くであろう。こうすることで、「新しい日常」で果たして「何を行動に移すべきか?」考えるための一つの拠り所となる。父より