· 

エアコンの気流にのって

むすめよ、今年の夏は、帰宅の途、友達と「じゃあ、ごはんでも食べてく?」とか言って、お店に入った後、クーラーの前に立ち、「あ~涼しくて気持ちい~、天国」なんて言ってられないかも、という話。

中国で感染原因を調査さいた報告書の中で、エアコンの気流下で感染が発生しやすかったという事例があった。エアロゾル化したウィルスを含むエアを空調機で吸い込み、冷却して噴き出していることが影響している、ことが想定される。過去にMARSやSARSの時にも、エアコンのフィルターにウィルスが付着しており、エアコンが問題視されたという。

一年中夏であり、気候的には感染伝播力が低いと思われる、シンガポールで今感染者が急増している1つの要因としても、このエアコンが挙がっている(他の要因として、外国人労働者の居住環境が劣悪もあるが)

飲食店では、必然的にマスクを外す必要があるため、上述のこの話は、非常に気になる。このエアコンの気流の影響をいかに回避するべきか?現在、父さんに解はない。室内の気流は極めて複雑である。前にも言及したが、仕切り板一つで容易に変わってしまう。

座席の間隔をあけレイアウトし見直し、手で触れるメニューはQR化(Webページ化)し、イスやテーブルを毎回消毒し、キャッシュレス化を進め、更に換気とエアコンの気流調整まで、飲食店には計り知れない試練が続く。この夏までに何かいい解はないのかな?父より