· 

居酒屋からの転身

むすめよ、居酒屋をやめて、魚屋をはじめたというお店があるという。居酒屋店内は狭く、「3密」を避けて居酒屋をするのは難しいとの判断から思い切って転身したという。マスクがなかなか手に入らない時に、ドラッグストアでなく、その他いろいろな店舗や人がマスクを売っていたが、個人でお店を持っている人は、食材にしても、備品にしても何かしら仕入れルートを持っているところが強みだろう。

築地(豊洲)から新鮮な魚を安く仕入れるルートをもっていれば、居酒屋から魚屋への転身というのは、ポストコロナにおいて合理的な転身であると思う。時間を短縮し、座席数を減らし、消毒をこまめにし、効率を落とし作業負荷は増えるのだから、居酒屋をやっていくにはよほどの体力がないと大変である。これから、ポストコロナを生き抜くため、ますますこのような転身が増えていくだろう。父より