· 

アンケート

娘よ、1位:国内旅行、2位:友人との会話、3位:買い物(服やバック)、4位:映画、5位:演劇、コンサート、これは、緊急事態宣言解除後の計画や興味関心について働く女性414名にアンケートを取った結果である。上位2位までが抜き出ており、「好きに移動できる価値(観光含む)」、「実際に直接会って話をする必要性(オンライン飲み会なるものも普及しているようだが)」を再認識できる結果と言える。

宮城の秋保温泉のあるホテルでは、休業要請解除後も自主的に休業を継続するらしい。宮城県が緊急事態宣言解除された後、1都3県からの問い合わせが多数(半数以上)あったからとのこと。地域毎に解除を進めていく限界が、休業継続判断の裏にある。観光業界(ホテル含)における解除後の再開ステップに関しては、自治体が間に入りうまく旗振りをすべきであると思う。どこかの市では、外出自粛により客足が減った飲食店等がテイクアウト弁当を始めたのに対して、半額補助したところ、それが売れるだけでなく、それを機に地域の人が、店舗やその味を再認知できたという。観光業界においても、これがヒントになるのではないだろうか?県外移動を自粛する中で地域の再認知・再活性を図ることを解除後のファーストステップ施策とするのがよいと思う。父より