· 

振り返り

娘よ、だいぶ東京都も新規感染者数は落ち着いてきた。第二波のためにどう準備するかの話で盛り上がってきている。前にも書いたが、冬の始まりには乾燥により感染伝播力があがり、ほぼ間違いなく感染者が急増すると言われている。また、冬の始まりにはインフルエンザも同時に流行しだすので、ダブルパンチで医療機関が混乱することを心配している。

オーストラリアは、これから冬が始まるが、インフルエンザ用のワクチンを1650万回分(人口2500万人)を確保し、できるだけインフルエンザ要因を排除して臨む作戦をとるようだ。日本では、少なくとも検査能力を拡充し、発熱外来の運用を確立すべきである。誰かがいいことを言った、「第二波にどう対応するか考える前に、今回収束しつつある第一波にとって、何が効果があって、何が足りなかったのか?よく振り返るべきである」と。中学校の定期試験後に、毎回親コメントをかかされたが、そこで毎回書いてきたことと一緒である。父より