· 

熱中症自己チェック法

むすめよ、熱中症になっているかどうかを確認する方法として、親指の爪の上を押して、白くなったところが赤っぽく戻るまでの時間を計る方法がある。遅いと水分不足らしい。3秒以内であればよい。とテレビで言っていた。

こんな情報を得たら、単純に3秒を基準にしてはいけない。熱中症でないと判断できる状態(水分を十分にとっている元気な状態)で何回か自分で試してみて、健康な状態でどれくらいで戻るかを把握する。その時間に対して、3秒の半分くらいの1.5秒くらいで戻るか?で判断するのがよい。個人差、同じ個人でも状態の違い、計測機器を使用する場合は機差等を事前に知っておくことが重要である。父より