· 

検査、隔離、追跡

検査はいつでもだれでも

隔離は自宅ではなくできる体制

追跡は速やかに濃厚接触者を検査に誘導