· 

感染者追跡システム

大阪府や政府でそれぞれ、感染者追跡システムを検討している。

大阪府は、任意ではあるが、メールアドレスを登録し、出かける先々でその場所のQRコードを読み取り自分の行動を記録すると、感染者が出て、同じタイミングで同じ場所にいた場合、メールで連絡をもらえる、というシステムのようだ。政府が考えているのは、スマホの位置情報を利用し、接近している人を監視するらしい。

内容がはっきりしないため、なんとも言えないが、感染者が出た時に、濃厚接触者が速やかに検査を受けることができるものがよいと判断する。