· 

エアロゾル

娘よ、エアロゾルって知っているか?

コロナウィルス感染のメカニズムの1つはエアロゾル感染である。

エアロゾルは飛沫感染と空気感染の中間といえる。

飛沫感染を回避するためにには、ソーシャルディスタンスを気を付ければよいが

エアロゾルは空気中に漂うため、人が多く、換気が悪い箇所が一番のリスクとなる。

3密の密集と密閉だ。

なので、換気の悪い室内で、人が多く集まる箇所には不要であればいかない方がよい。

どうしても行かなければならない時にはマスクを着用すること。

この時に、布マスクだけでは心細い。少なくとも不織布マスク、

より安全を高めるのであれば、布マスクと不織布マスクを2重にするとよい。

2重にする場合には、入る時に、布マスクの上に不織布マスクを重ね、

出る時に、不織布マスクを外し速やかに所定の場所に捨てるのがよい。

また、マスクを付けたり外したりするのは、不用心である。

マスクや手からウィルスの転写を促進しているのと同じである。

エントロピー増大の法則から考えると、転写を繰り返すことにより、ウィルスは拡散していく。

この夏は、マスク正念場である。

父より